dalla terra

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

こころにひびく

鱗雲


あなたが生活のために
何をしているかは、
どうでもいいことです。


私は、
あなたが何に憧れ
どんな夢に挑戦するのかを
知りたいと思います。


あなたが
何歳かということも
関係のないことです。


あなたが、
愛や夢や冒険のために
どれだけ自分を賭けることができるのか
知りたいのです。



あなたが
どの星座に生まれたかということも
どうでもいいことです。


あなたが
本当に深い悲しみを知っているか、
人生の裏切りにさらされたことがあるか、
それによって傷つくのが怖いばかりに
心を閉ざしてしまっていないかを
知りたいのです。


あなたが
自分のものであれ、
人のものであれ、
痛みを無視したり、
簡単に片づけたりせずに、
それを自分のものとして
受け止めているかどうかを
知りたいのです。


また、
喜びの時には、
それが私のものであれ
あなたのものであれ、
心から夢中になって踊り、
恍惚感に身をゆだねることができるかを
知りたいのです。


気をつけろとか、
現実的になれとか、
たいしたことはないさ
などと言わずに。



私は、
あなたの話すことが
本当かどうかには
関心がありません。


私は
あなたが自分自身に正直であるためには、
他人を失望させることでさえ
あえてできるかどうかを知りたいのです。


たとえ裏切りだと責められても、
自分自身の魂を裏切るよりは
その非難に耐えうる方を
選ぶことができるかどうかを。


たとえ不実だと言われても、
そんなときにあなたがどうするかによって、
あなたという人が信頼に値するかどうかを
知りたいのです。



私は、
あなたが本当の美がわかるかを
知りたいのです。


それが見た目に美しく見えない時でも、
毎日そこから本当に美しいものを
人生に汲み上げることができるかどうかを。


私は、
あなたがたとえ失敗しても、
それを受け止めて
共に生きることができるかどうか、
それでも湖の縁に立ち
銀色の輝く満月に向かって
イエスと叫ぶことができるかどうかを
知りたいのです。


あなたが
どこに住んでいるか、
どれだけお金があるかはどうでもいいことです。

それよりも、
あなたが悲しみと絶望に打ちひしがれ、
どんなに疲れ果てていても、
また朝が来れば起き上がり、
子どもたちを食べさせるために
しなければならないことをするかどうかを
知りたいのです。


あなたが
誰を知っているか、
あなたが
どうしてここへ来たかは関係ありません。


私とともに決して怯まずに 
炎の只中に立つことができるかどうかが
知りたいのです。


あなたがどこで、
何を、
誰と勉強したかは
どうでもいいことです。

私が知りたいのは、
皆が見捨てて
たった一人になったとき、
あなたの内側から
あなたを支えるものは何かということです。



私は 
あなたが自分自身としっかり向き合い、
その何もない時間の中にいる自分を
心から愛しているのかどうかを
知りたいと思っているのです。



オライア・マウンテン・ドリーマー「招待」

日々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

絵馬市

 

8月1日から、山桜神社で絵馬市が開催されています。


高山の町のお店にはたいていこの絵馬が飾られていて
わたしも前々から「ちょっと」ほしいと思っていたのですが、
ちらっと覗くつもりが、酔っぱらった勢いで買うことに。


玄関から家の中に福を背負って駆け込むように壁に貼るので
右向きか左向きかが重要とのこと。

なるほどなるほど。


その反面、馬の毛色は「お好み」だそうです。

意外とゆるいな。

じゃぁ、と青毛(真っ黒タイプ)を選びました。


これに名字を書き、
ご利益のあるはんこをたくさん押してもらえます。




で、こちらが完成品。

名前でかっ

神様とか占いとか風水とか
全然気にしないタイプなのですが
せっかくなので、翌朝玄関に貼りました。


百の寿と百の福が我が家に駆け込んでくる見込みです。
日々 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

今日の朝市

朝市野菜

今日の朝市で買った朝採れ野菜。
野菜がおいしい季節。
ここから先しばらくは、スーパーで野菜を買うのはよそうと思います。

<今日の野菜>
モロッコいんげん・トマト・にんにく 3種で¥500
きゅうり ¥0(おまけでいただいた)
でっかいズッキーニ ¥100
ゴーヤ ¥100
大葉 ¥50

日々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

あじさい

100626_c.jpg
あじさいがすきです。

我が家の川の対岸にはあじさいが群生しているので
ちょっと様子を見に、小雨の中長靴を履いて行ってきました。


100626_b.jpg
花が咲く前のつぼみの状態もほら、こんなにかわいいし


100626_a.jpg
さらにその前のつぼみ。この状態も結構すき。


100626_e.jpg
小さめのやつを拝借してきて
ダイニングテーブルに飾っています。

とてもかわいいんですが
でもやっぱり、
外で咲いていた時と比べると、ぐっと元気が無くなったような…。
ちょっと申し訳ないことをしました。
採ってきちゃって、ごめんなさい。

あと数日飾っておいて
そのあとは蔵に吊るしてドライにしようと思います。

日々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

お見送り

黄色い花

6月5日に、祖母が他界しました。

…いきなり暗い話題ですみません。

ブログには悲しい出来事は書かないようにしているのですが
祖母は93歳の大往生、
私にとっては拍手したくなるくらいご立派な話で、
つらく、重く、悲しいという気持ちではありません。

亡くなった翌日に会いに行ったのですが
とにかくただ寝ているだけのような穏やかな表情で、
色は真っ白、お肌もつるつる、
なんかばぁちゃん、今までで一番美人ねぇ、
なんて言われていました。


私は
じいちゃんが亡くなった時のことを思い出していました。

その時はまだ私が子供だったからか
悲しく寂しく、恐ろしい空気に包まれていていた気がします。
じいちゃんの魂がまだそこにまとわりついて
行きたくないようと言っているような。
葬儀の最中も、風も無いのにろうそくの火がゆらゆらと揺れ
とにかくそこにじいちゃんがいるような気がして
胸が苦しく、涙がぼろぼろ溢れました。

そして今回のばあちゃん。
そういう気配、一切なし。

たぶんこの世に、未練とか後悔とか
そういうものが全然無く
あちらへ連れて行ってもらうタイミングを待って
おとなしく、そしてにこにこしながら、
横に座っているだけなんだろうなぁと。
じっとり湿った空気ではなく
さらっと乾いた空気だったんですよねぇ。

お棺の中に、何か遺品を入れようか、となった時も
あれこれたくさん入れたじいちゃんの時とは違って
寒がりだったからと毛糸の靴下を1組入れてあげたくらい。
その分お花はいっぱい入れてあげましょう、と誰もが思って
簡素だけれど、とても美しいお棺に仕上がりました。

家族・親戚から聞こえたのは
長い間おつかれだったね。
ありがとう!の言葉ばかり。
泣き顔よりも、どちらかと言えば笑顔のほうが多く
私としては、とても素敵なお見送りだったなぁと思っています。


今までどうもありがとう。

気難しいじいちゃんも少しは「まるく」なっているだろうから、
どうぞ仲よく暮らしてください。
またね。

日々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

人のフリ見て

うたた寝している私の目の前に
突如、正座して頭を下げる旦那が現れました。

「ごめん…茶碗を割ってしまった」

茶碗の後ろにある皿を取ろうと思い、
茶碗をよけずに手を伸ばしたら落として割っちゃった、って。

言われてみれば確かに、
さっきでっかい音と
「うわぁあああ」みたいな声が聞こえた気がするなぁ。


「横着するからじゃい!」

と一応叱っておきましたが
本当は私も、よくやっているのです(さすがに茶碗割ったことはないけど)

人のフリ見て我がフリ直せ、ってことで。


割れた茶碗
被害者は、信楽の陶器市で買った、白い陶器の茶碗でした。
破片は揃っているようなので、
金継に挑戦しようかどうか悩み中。

日々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

高山祭り1日目・夜祭り(中編)

高山祭り 夜祭り
すっかり日が落ちました。
前の屋台に追いついて、ひと安心の大國台。
屋台が一列に並んでとてもきれい。

さて、数トンもある屋台にとって、交差点を曲がるのは大仕事。
「戻し車」という仕掛けを使って、方向転換をしなければなりません。
簡単に言えば、屋台の車輪をジャッキで持ち上げ、
屋台の真ん中に戻し車を下ろし、人力で屋台の向きを90度変え、
戻し車を収納、再びジャッキで車輪を下ろす。
こんな感じ。わかりにくいですね。

高山祭り 夜祭り
さぁ、大國台の番です。
観客が多いのも、やはり交差点。
車輪を一旦上げ、戻し車を下ろします。

高山祭り 夜祭り
みんなで押して回します。
よーいしょっ

高山祭り 夜祭り
うまくいきました。
わーわー
ぱちぱちぱち(拍手)
いいぞー!大國台!

高山祭り 夜祭り
人ごみの中をぐいぐい進みます。

高山祭り 夜祭り
交差点付近にはぐるりとロープが張り巡らされ
ロープの外側にはたくさんの観客、
そして睨みを利かせるポリスメン。
その中を悠々と進む私たち。
ちょっと気分が良いのです。

まぁこんな感じで
曲がって、進んで、止まって
止まっている間に女性が急いで酒をついで回り
酒で体を温めて
さぁまた進んで、曲がって、という、この繰り返しです。
そもそも観光のためのお祭りでは無いので
派手な演出は一切なし。


4回ほど角を曲がったところで

高山祭り 夜祭り
順道場に辿り着きました。

無事に屋台曳行が終わり、屋台蔵に帰る旨を宮本に報告します。
このあと、お囃子のみなさんによるお礼の演奏。
いよいよ終盤です。


つづく
日々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

高山祭り1日目・夜祭り(前編)

御巡幸を終えたリーダーと共に屋台へ戻ると

高山祭り 夜祭り
夜祭りのための提灯の準備が、終盤に差し掛かっていました。

高山祭り 夜祭り
来ました、青竹です。

高山祭り 夜祭り
口上を読み上げるリーダー

高山祭り 夜祭り
漢字が読めず。
聞いちゃってます。

高山祭り 夜祭り
「定刻通り六時三十分より曵行(えいこう)されたし」(確かこんな感じ)
周りはにやにや

高山祭り 夜祭り
さて、そろそろ暗くなってきたのに、提灯の電気が、うまくつきません。

これまで、大國台だけは、提灯に本物のろうそくを使っていました。
他の屋台は電球を使っているから、なんとなくきらびやか、
でも大國台の屋台は若干暗めで目立たない存在でした。
それはそれで、私は結構好きだったのですが
どうしても、ろうそくが途中で消えてしまったり、火事の心配などもあり、
昨年からは他の屋台同様に電球を採用することになったそうです。
しかし、昨年は雨で夜祭りが中止に。
だから今回が初めての電球提灯。そしてつかない。

高山祭り 夜祭り
わわわ
前の屋台たちが進み始めてしまいました。ますますピンチの大國組。

遅れること3分ほど。

高山祭り 夜祭り
つきました!
しかも、ろうそくの灯りの雰囲気にこだわったらしく
なんとなく控えめで上品な明るさ。
いい感じ!

高山祭り 夜祭り
さぁさぁさぁ
前の屋台を追いかけます。


つづく
日々 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

高山祭り1日目・午後の部

屋台は夕方までは曵き揃えの場所に置いたままなので、
その間リーダーは「御巡幸(ごじゅんこう)」に参列します。
御巡幸とは、獅子舞や神 輿とともに各組の代表が町を巡る、祭行列のこと。

出発地点の日枝神社へ移動。

高山祭り
大梃子の衣装に着替えたリーダー。
持っているのは、大國台の台銘旗(たいめいき)。

台銘旗は、屋台の代わりとなる旗のこと。
かつては屋台を持っていたけれど火事で焼失してしまったり、
管理しきれずに他の町に寄贈したり、という町内会も
この台銘旗だけは残されていて、御巡幸には参列することになっている。

高山祭り
大黒様の打ち出の小槌をモチーフとした刺繍です。

高山祭り
神様が神輿に乗るのを、今か今かと待つ人々。
今年は神様が神社からなかなか降りて来ず、数十分時間を押しました。

高山祭り
闘鶏楽(かんかこかん)の方々が神社を出発

高山祭り
それに続いて、台銘旗や警護(かみしもを着ている人)も神社を出ます。
中央やや左の白い旗が大國台。

高山祭り
神社の坂を下って

高山祭り
町へ繰り出す

高山祭り
笛の方々。


高山祭り
台銘旗を乗せた台車を曵くリーダー。
結構重いらしい。
(休憩用の椅子+ビール1ケースと酒も乗車中)

再び帰ってくるまでは3時間ほどかかるので、
私はここで失礼します(寒いし)
いってらっしゃい!


夜の部につづく

日々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

高山祭り1日目・午前の部

祭り当日になりました。
寒い寒いとは聞いていたものの、雪降っちゃってます。
もう桜が咲き始めているのに、ありえないぐらい極寒。
晴れ男なのに「雨降りますように」とか余計なこと考えるからこんなことに。

高山祭り
朝8時。屋台蔵を開ける準備です。

高山祭り
屋台当番の班長として、皆々様の前でごあいさつ。

高山祭り
代表して屋台蔵の錠をあけるリーダー

高山祭り
屋台蔵が開きました。
手前は、フランス国営放送のクルーのみなさま。
世界12カ国のお祭りを紹介する番組の取材だそうで、
日本の代表的なお祭りとして高山祭りが選ばれ、
さらにその中からなぜか大國台が選ばれたそうです。

高山祭り
あ、宮本が青竹を持って来ました。
宮本とは、その年の祭りを取仕切る組のことです。
祭りの間は、宮本に絶対の権限があります。
竹の先に挟んである紙(口上)に、宮本からの指示がすべて書かれており
各組はその内容に従って動くのです。

高山祭り
皆が見守る中、口上を読み上げるリーダー。
「直ちに所定の場所に曵き揃えたし」
雪降ってますが…出せってことなので出します(渋々)
屋台が濡れると漆や金が痛むので、みんな嫌がります。
しかし宮本の指示には逆らえません。

高山祭り
屋台を蔵から出して、大黒様を鎮座させます。
ちょっとだけ青空が出てきました(極寒には変わり無し)

高山祭り
まずは、屋台を引いて町内の端から端までを歩く。
屋台の上には、笛・太鼓を演奏するお囃子(おはやし)のみなさま。
他の屋台はテープ演奏で済ませているところもあり、
生演奏している屋台は今や珍しくなってしまったそう。

高山祭り
その後、曵き揃えの所定位置まで移動。
赤い衣装を着た方は「大梃子(おおでこ)」と呼ばれる方。
屋台に空いている穴に大きな棒を通し、
その棒を左右に振って屋台の舵をとる重要な仕事。
(道が狭く、家の軒や電線を避けて通らなければならない)
大きなテコを操る人だから、おおでこ。初めて知りました。


午後の部につづく
日々 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |